<<祝!JBCA10周年記念パーティー開催>>

JBCAが発足して10年を迎えました。
これを記念して、2016年2月6日(土)13:00から16:30まで、東京都世田谷区の「世田谷がやがやかん」にて、
発足時のメンバーから現在第8期の受講生まで、約30名程が集合して楽しいパーティーが開かれました。


 
パーティー参加者の集合写真
 

10周年記念パーティありがとうございました。

のんちゃん

 
2005年の5月だったでしょうか?何人かのプロコーチの方と何人かの視覚に障害 を持つ私たちとの出会いの一日がありました。
 
あの日、「過去と他人は変えられないけれど、自分と未来はいくらでも変えられるん だよ」というプロコーチの言葉に私は未了されて、コーチングを学ぼうと思いました 。
あれから10年。時の流れを感じつつ、こうして10周年を迎えることができて本 当にうれしく思っています。
細々だけど、継続することを選択してきて、この今があるんだなぁと思うようになりました。
 
2月6日のパーティでは、私はスタッフとしてかかわらせて頂きました。
昨年の9月ごろから、少しずつ準備をはじめました。
どんな時間になったらいいのか?どんな風にしたら皆がたのしめるのか?会場は?お料理は?そんなことを3人で話しあいをし ながら進めてきました。
皆さんがそれぞれに、時間の都合をつけたり、家族に了解を とったり、お財布と相談したり、
勇気や決断力や優しい気持ちやいろんなものを持っ てがやがや館に来てくれたんだなぁと改めて感じています。
 
今回初めて、ケータリングサービスを利用してみました。
すごくおしゃれで美味しそうなお店がいくつかあって、かなり迷ってしまいました。
電話をしたとき、とても感じがよかったので即決で今回のお店をチョイスしました。
食べやすいようにと思い、フィンガーフードを中心にしたメニューにしたのですが、当日私は、ほとんど食べていないので、実際のボリュームや味はどうだったのだろうと少し気になっていました。
次回は、温かいお料理を温かいうちに食べるには?ここ反省点かなって自分で思って います。
 
皆さんがたくさん差し入れのお酒を持って来てくれました。
美味しいお酒が心も体も暖かくしてくれて、懐かしい同窓会のような雰囲気の中で、サイコロトークあり、生演奏あり、芸達者な皆さんとの時間は本当に楽しくて、あっという間でした。
 
電話での繋がりももちろんいいんだけれど、やっぱり対面は最高ですね。
今回、私の気持ちの中に、今は会を離れている方にも是非、このパーティに来てほしい、来てくれたらいいなぁという思いがありました。
パーティという場がよいきっかけの一つになったらという思いでした。
残念ながらその思いは容易に叶うものではありませんで したが、これは会の一つの課題なのかなと私は考えています。
 
初めて会った人、久しぶりの再会、時々遊んでる人。みんな生き生きとしてすごくエ ネルギーをもらいました。
思わずハグしたり、見つめあって確認に時間がかかったり。
コーチングが繋いでくれた素敵な皆さんとの出会いにとても感謝しています。
本当にありがとうございました。そして、ここから続くJBCAの未来にもう一度乾杯しまし ょう♪


 
ピアノの弾き語り

JBCA10周年記念パーティー

まさふみ

 
初期のにわとり、まさふみです。家内のかずこと一緒に参加させていただきました。
2016年2月6日、世田谷、がやがや館でJBCA10周年記念パーティーが開催されました 。
文中まさふみの記憶容量の限界からニックネームの出る方、出ない方がいることを ご了承ください。
 
にわとりのみなさん、一期生、二期生、視覚リハ大会参加のかたがたはお会いしてい ますが、最近ご無沙汰のおかげで七期、八期となると、初めてのかたがほとんどでし たが、CDで声を聞いたと言われると、初対面の感じ、がすぐ、なくなりました。
きょうこさん、そのあとねもさん、が連絡をまめにとって集合場を仕切り、よっちゃ んは背の高さで近くによると声の位置から、よっちゃんだ、とわかった方もいたので はないでしょうか。
やまちゃんは新宿南口と間違えましたが、ぎりぎりに到着しまし た。
はるばる遠方から飛行機、新幹線他で、日本全国からJBCA参加者が渋谷駅南改札 に集合しました。
その場に仲間が一緒にいることの幸せを改札口の雑踏のなかでも感 じました。
 
寒かったですがお天気もよく、つかちゃんのマンションの隣ということで決まったと いう施設も素晴らしいところでした。
一瞬、だから、つかちゃんは渋谷南改札に来な いんだ、と、ふとどきな考えが頭をよぎりましたが、実際は会場の準備に努力してい たことがあとからわかりました。
 
昔の仲間に会い、昼からお酒を飲める幸せな三時間でした。
 
ドルフィン、のんちゃんによる会の見事なセットアップ、きっと電話では伝わらない 大きな声の、みいな、かねさん、けいこさん、みちこさん、またにわとりのゆっこさ んにも、すごく久しぶりに会うことができました。
まさふみ自身は、一番最初のころ、やまちゃんの事務所でみんなが集まり、つかちゃんがこの会話をCDにして教科書に使うといって録音をしていたことを懐かしく思い出していました。
 
テーブルには、最初の出会いや東京駅新幹線ホームでの出会いなど、いつも偶然会う 、まっちゃんとガイドさん、すてきな和服でいらしたみちこさんと相変わらずやさし く、気のつくご主人、きょうこさん、のんちゃんがいて、
他のテーブル同様、がやがやといろんな話をして、おいしい食事、おいしいお酒を楽しみました。
 
自己紹介と、さいころを使った余興、ゆっきーの伴奏でみんなで「世界にひとつだけ の花」を歌いました。
歌詞の前振りを、まさふみがやったのですが、老眼鏡なしでア イフォンがよく見えず、眼科医として恥ずかしい思いをしていました。
 
しほちゃんの言葉にあった、今後のJBCAの方向性の話で、「いまでしょ」という気持 ちが伝わり、きっとこの後この素晴らしい集まりが発展、継続していくんだ、という 希望と安心を強く感じました。
 
最後にこの素晴らしい集まりに参加、サポートしているすべての方々に感謝します。


 
トップページに戻る

inserted by FC2 system